ギモン解決!車検の予約6サイト


トップ > 車検の予約情報 > 早めの車検予約をするとお得になる

早めの車検予約をするとお得になる

 2年に1回受けなくてはいけない車検ですが、つい忘れていたという方も少なくはありません。
車検有効期限のギリギリに慌てて検査を受けに行くと予約が取りにくい可能性があり、満了日に間に合わないこともあります。
そのため、余裕を持って予約を取り、検査を受けるのがいいでしょう。
また、早めに予約を取ることで得することもあるのです。
一般的に車検が受けられるのは有効期限の1ヶ月前からとされていますが、予約自体は1か月前から取ることもできます。
早めの予約で自分の希望する日時を確実に指定することができるでしょう。
また、早くから予約を受け付けている業者では3ヶ月前予約割引や1か月前予約割引などのサービスを提供しているケースもあり、通常よりも検査費用が安くなることもあるのでおすすめです。

 前もって業者を探し始めることで、より多くの車検業者を比較することも可能です。
業者にはディーラー、車検チェーン店、ガソリンスタンド、自動車用品販売店、民間整備工場などがありますが、それぞれサービスも費用も変わります。
同じ条件の自動車でも基本的な検査費用は業者ごとに異なるため、安く済ませたいと思うのなら検査費用が安い業者を絞ることができるでしょう。
また、より具体的な費用比較をしたい場合もゆとりを持って探せば、各社から見積もりを出してもらうこともできます。
不具合がある箇所も事前に確認できるので、他社の見積りと比較しながらお得な業者はもちろん、信頼できる業者を時間をかけて選べます。
優良な業者は適切で丁寧な検査はもちろん、無駄な作業はしないので本来必要のない費用が発生することも回避できます。

 ただ、早く行動したほうがお得とはいえ、有効期限1か月以上前に車検を受けてもお得なことはありません。
陸運局での更新手続きが1ヶ月よりも前だと、更新日の前日が次回車検日になるという問題があります。
つまり、4月が車検満了日の場合、3月に検査を受ければ次回の車検も2年後の4月になりますが、2月に検査を受ければ次回の車検は2年後の2月となり、2ヶ月分の車検費用を損をしてしまうのです。
このような理由から車検を受けるのは有効期限1か月前からが良いとされていますが、規定になっているわけではないので、どうしても1か月前からの検査が難しい場合は2ヶ月前でも検査が受けられるときに受けておくのがいいでしょう。
そうでないのなら予約は早めに取りつけたとしても、実際の検査を受けるタイミングには注意することです。

ページトップへ