ギモン解決!車検の予約6サイト


トップ > 車検の予約情報 > 車検をするために知っておきたいこと

車検をするために知っておきたいこと

 道路を走行するには、車を2年に1回車検に通す必要があります。
整備不良であれば故障を起こす可能性、自賠責保険未加入であれば、被害に遭っても補償が受けられない問題も生じてしまうので、こうしたトラブルを未然に防ぐための制度でもあります。
車検で点検・整備・自賠責保険への加入が義務化されているのはそのためです。
これまで同様、点検・整備はディーラーや整備工場で行われますが、車検に合格するためという保安基準の問題だけで事足りるのではありません。
次回車検までの安全性は保障されておらず、常にコンディションの良い状態を維持するためにも、定期的に整備工場やガソリンスタンドを利用しましょう。
車検に合格すれば、新しい車検証の交付がされますが、車検切れの車を運転すれば違反となるため、必ず車検予約は切れる前までにしっかり入れましょう。

 愛車をドレスアップしたり、好きなパーツを取り付ける人もいるでしょう。
車検では、タイヤやホイールなど、安全に負がないか、厳しくチェックされます。
純正パーツから交換してしまっては、不合格という問題が生じがちです。
シャコタンが一例で、車も傷つき、道路事情でのトラブルに発展しがちです。
自動車メーカーが販売元となるディーラー、整備工場を併設しているケースが圧倒的に多く、車検予約も受け付けています。
純正パーツを処分してしまっても、純正パーツを取り扱っているために安心でしょう。
また、その元ディーラーの整備士が関与しているのが整備工場、そこから手を伸ばすのがフランチャイズ化した業者です。
他にも、カー用品店でも車検が可能、ドレスアップしたり消耗品などの交換など、車検で必要となるパーツを選択するには適しているのではないでしょうか。

 車検には費用がかかるもの、しかし値引きできることを知らない人も少なくないようです。
車検の予約はディーラーや整備工場の2択でしたが、今や、車検専門であったり、ガソリンスタンドなど、自動車関連の施設で車検予約ができます。
もちろん、値引き交渉ができないケースもあって、即日スピード車検などを謳う場合には、限界まで低料金に設定されていますから難しいでしょう。
値引き交渉では、同系他社の相見積もりが効果覿面と言われています。
整備工場と他社の整備工場が一例、同じ内容で見積もりを取り、価格差を指摘しながら話しを進めるのが良いようです。
一般に、ディーラー車検は値引きというより、融通を利かせる担当者との付き合いの程度によります。
また車検は早く予約すれば値引き率が高い傾向です。
特に競争率の高いカー用品店での車検では、早割というサービスが付帯されています。
代車不要であったり、ウェブ予約やリピーター割引などが一例です。
特に、代車不要は有り難さがあり、しかも平日の数日間の預かりであるなどは、丁寧に整備ができ、評判に繋がるため、業者側としても値引き交渉に応じてくれるようです。

ページトップへ