ギモン解決!車検の予約6サイト


トップ > 車検の予約情報 > 車検を予約する方法に関する基本的知識

車検を予約する方法に関する基本的知識

 車検を受けるには、あらかじめ必ず予約を入れる必要があります。
普通車にあたっては検査を受けることになる陸運局に予約を入れることになります。
そして、軽自動車に関しましては、陸運局ということではなく軽自動車検査協会へと予約をします。
唐突に検査場に足を運んでも、車検を受けることは不可能です。
ですから、注意する必要があります。
ディーラー、あるいは民間整備工場等に車検の委託をしたケースでは、専門業者が予約も実施してくれますが、ユーザー車検にあたっては自らが予約を入れることが不可欠ですので、頭に入れておきましょう。
因みに、車検につきましては全国いずれの運輸局や自動車検査事務所であっても受けることができます。
軽自動車につきましても同じ様に、全国いずれの軽自動車検査協会でも受けることができます。

 車検の予約のやり方に関しては、インターネット、電話の2パターンの予約手段があります。
また、予約にあたっては車台番号などが求められるため、自動車検査証を手元に置いて実行しましょう。
インターネット予約の手法 として、国土交通省のホームページから、日本各地の陸運局へと予約を入れることが可能です。
自動車検査インターネット予約システム を活用することになります。
そして、軽自動車の場合は軽自動車検査予約システムを利用します。
また、 ID並びにパスワードのエントリーを欠かすことが出来ませんが、画面の示された通りに入力していけばいいので不安や心配はいりません。
最近は、若い人を中心にインターネットが普及していますので、インターネットを活用した車検の予約は増加傾向にあります。

 一方、電話予約のやり方についてですが、 普通車の車検に関しましては、現在において電話予約は消失しています。
そして、 軽自動車にあたっては、軽自動車検査協会へと電話をかけて予約をします。
車検を受けたい陸運局もしくは軽自動車検査協会へと電話をいれて、アナウンスに従いながら番号をインプットすれば予約を押さえることができます。
さらに車検予約の混む時期 についてですが、 車検に関しては有効期限の1ヶ月前より受験することができますので、可能な限り混雑しないタイミングを見計らって予約を入れることが重要になります。
予約が混むのは、当然ウィークエンドと月末になります。
また、年度末の3月それから、7月や9月は混み合います。
はじめてユーザー車検を受けることになる方は、検査官に数多く教えてもらって行うこともありますので、検査官にゆとりがある混雑時ではない時に予約を入れましょう。

ページトップへ